UR賃貸の物件は社宅でもOK

私の会社の単身赴任者では、UR賃貸物件に入った人間は初めてということで会社の人間が遊びに来るときには、いつもUR賃貸の住宅がどんなにいいのかを話しています。

私より先に福岡に転勤になった人間も一度遊びにきて、設備の整い方に驚いていました。

単身赴任だとUR賃貸の住宅を借りるという発想になかなかならないので、その人が福岡で住まいを探すときにはUR賃貸の物件の存在すら知らなかったそうです。

UR賃貸の物件というと、ファミリー向けで分譲マンションを買わない人たちが、賃貸型生活をおくるところというイメージが刷り込まれているんだと思います。

単身赴任用で利用できたり、社宅として企業が契約出来ることがあまり知られていないことが原因ですね。

私の会社はそう大きな企業ではありませんので、社宅なども完備されていませんが、UR賃貸の物件ならずっと賃貸でもいいかなと考えてしまいます。

単身赴任で2年後には東京に戻る予定ですが、今度転勤で福岡に赴任することになったら、家族で越してきたいと思います。

福岡という街が暮らし易いのは、いろいろな歴史ある行事があることで季節の移り変わりをカレンダーではなく、お祭りや行事で知ることが出来ることです。

東京ですと神田や浅草のような街が、福岡という感じですね。

Comments are closed.